観光スポット

ジャンボ海水プール人気アトラクションを紹介!

●ジャンボ海水プール

海水プールと聞くと、塩でベタベタしそうな感じがしますが、
ベタベタ感はなく、不快な思いをすることは、まったくないです。

日陰のある休憩スペースもかなり広く、
レジャーシートを広げてゆっくり休むこともできます。

子供用や温水?水温の高いプールもあるので、家族でも恋人同士でも楽しめます。

家族で、毎年ナガシマリゾートのジャンボ海水プールに行っています。

ナガシマの海水プールは、日本最大級でウォータースライダーの
種類もたくさんあり、1日ではまわりきれないほど充実しています。

小さな子どもでも楽しめる、幼児用のスライダーや、
大人向けの絶叫スライダーもあり、すべての年代の方が楽いめる巨大プールです。

施設内にはレストランも多く、とてもリーズナブルで居心地もいいです。

ナガシマスパーランド(遊園地)と併設しており、遠方の方は、
1日はプール、1日は遊園地と宿泊を兼ねて1泊2日で行くのがおすすめです。

とにかく種類が多いので、1日過ぎるのがあっという間だと思います。

10種類ものプールと、11種の多種多様なウォータースライダー。

小さな子供用のプールもとても充実しているので家族連れにも人気です。
また、室内プールもあるので、乳幼児も日焼けの心配もなく安心して遊べます。

年齢制限で、大きい子が入れないようになっているのも、
安心できる要素になっています。

係員の人も、所々にいてくれるので、遊び方が聞けたり、とても助かります。

子どもと波のプールでユラユラ揺られながら、パパが上から滑ってくるのを子ども見て楽しめたり、1日では足りないくらい、年齢別にも楽しめる要素がいっぱいあります。

また、プールのなかに温泉が出ているので、ちょっと休憩という時に使えます。
ただぬるいので、温泉というよりはプールの一部という感じにはなります。

すべての年代の方に人気なのが、大きなバケツに入った、
6トン分の水が一気に落ちてくるなど、みんなで水をかぶって、
キャーキャー大はしゃぎできる楽しいアトラクションもあります。

波のプールは、海の波を思わせるような、かなり大きな波もくるので、
カップルは、彼女を浮き輪にのせて、彼はその浮き輪につかまりとても楽しそうです。

彼女ができたら、ぜったい、連れてくるべきですね。
彼女との距離が近づくこと間違いなしですよ。

人気スポットなので土日は、とにかく混みます。
いろいろな種類のスライダーがありますが、人気のアトラクションは、
100分待ちにもなり、なかなか滑れません。

 ●比較的すいている時期

お盆を過ぎたあたりから、ピークに比べると、少しづつ人は減ってきます。

夏休みが終わって、9月に入ってからは、土日でも比較的空いてきます。
子供連れの家族が、一気に少なくなるからですね。

ただ、空いてくるとはいえ、人気のアトラクションは、40~60分くらいの
待ち時間がでることもあるようです。

オススメは、平日です。
少し寒いですが、9月に入ってからの平日は、とにかく空いています。

人気スライダーをほとんど待ち時間なしで、何回も楽しむことができます。

中でも世界最大級のスケール「ブーメランツイスト」は、
絶叫マシーンのジェットコースターさながらの迫力です。

6人まで乗れる丸いボートのスライダーなのですが、本当に落ちそうに
なるくらい傾斜がつくこともあり、滑ってる時は、しがみつくのに必死です。

何回でも乗りたくなるのですが、人気のため普段は90分くらい待ちがあります。

「フリーフォールスライダー」は、身長制限が有りますが、
斜面60度で、今まで乗ったスライダーで、一番のスリルがあり、
階段を上がっていくほど恐怖感が増します。

こんな絶叫スライダーが何回も体験できるなら、有給を取ってでも
平日に行きたくなりますよね。

 

プールの最後は、温泉プールで体をあたためてから着替えます。
温泉プールがあるところは少なく、体は意外に冷えきっているので、とても重宝します。

●混雑する時間は?

小さな子ども連れの方は、午前中にプールで遊び、
午後から遊園地に移動というパターンも多いです。

10時ごろから人が増えはじめて、13時頃がピーク、
それ以降は遊園地に行く人が増えていく、といった状況になります。

つまり、 プールのすいている時間の狙い目は、15時すぎ、夕方から ですね。
夕方からは、スライダーなどの待ち時間も少なくなります。

14時~15時が、ロッカー混雑のピークになります。

ロッカーの利用料金は、1日400円です。
営業時間内は、荷物の出し入れが何回でも自由にできます。

帰るときに100円が戻ってくるので、実質300円です。

日本はもちろん、世界でも最大と言える「ナガシマ ジャンボ海水プール」は、
レストラン・フードメニューやドリンクも充実。

●「海水プールのチケット」購入の裏ワザを紹介

ジャンボ海水プールのチケットは、
湾岸長島パーキングエリア売店(上下線とも)でも購入可能です。

海水プールや遊園地でチケットを買うために、
長蛇の列に並ぶ時間は、もったいないですよね。

パーキングエリアで購入できるのは利点です。
「便利でスピーディ、すごく便利!」と話題。

販売期間:プール開催期間と同じ
販売場所:伊勢湾岸自動車道
販売時間:7:00~22:00

注意として、割引券などをお持ちの方は、遊園地ゲート窓口で購入しないと
割引きができなくなりますので気を付けてください。

また、提携ホテルに宿泊の方も、ホテルにて割引特典があるので、
前売り券は購入しないでください。

当日、チケットの引き換えなし!そのまま入場できます。
チケット購入列に、並ぶ必要はありません。