観光スポット

東山動物園を満喫!アトラクション・営業時間を紹介

●動物園 入園料はなんとワンコイン500円!

1890年(明治23年)に、今泉から譲渡された動物を元として、鶴舞公園において1918年(大正7年)に
「名古屋市立鶴舞公園付属動物園」として開園したものが始まりです。

徐々に動物が増えてきたため、当時新設された東山公園へと、昭和12年1月に移転し東山動物園に改名されました。
開園当初は、「東洋一の動物園」とも言われていました。

第二次大戦前には、キリン・ゾウ・トラ・ライオンなど700種1200点という動物数を誇る大動物園となります。

現在は、ゾウやキリン、ライオンなど様々な動物が見られます。
トラもガラス越しに、かなりの至近距離で見られるので、すごい迫力です。

東山動物園には、コアラも親子でいるんです。
コアラがいることは知らなかったので、とってもテンションが上がりました。

今、話題のフクロテナガザル、ケンジくんのおっさんの叫び声もあっかんべーも見れました。

 ●イケメンゴリラ、ジャバーニ

精悍な顔つきでイケメンゴリラとして話題になったジャバーニですが、
現在東山動植物園の群れのリーダーを務めていて、1996年オランダ生まれです。

その後オーストラリア、シドニーのタロンガ動物園で育ち、
2007年に繁殖目的の為日本にやってきました。

繁殖目的というだけあって、ゴリラ女性を惚れさせるだけの器量と
強い繁殖力を持ち合わせていたのでしょう。

ですが、その精悍な顔つきと、程よい筋肉のついたセクシーボディーは、
ゴリラ界のみならず人間界にまで及んでしまったようです。

来日するとすぐに、リーダーとして群れからの信頼を得て、
現在、メスのネネとアイの間に1頭ずつ子どもをもうけ2頭の父となっています。

カッコイイですね~、筋肉といい、顔つきといい、惚れ惚れします。
シャバーニみたいなタイプがいたら、イチコロですね。

父親も気に入ったらしく、ボールペンでシャバーニを書きました。
すごいイケメンでしょ!!

●ボートに乗ったカップルは別れる?

東山動物園のボートに乗ったカップルは別れるというジンクスがあります。
こちらは、かなり昔から伝えられているので、とても気になりますよね。
今では、「噂のボート!僕たちは別れません!」と書かれたボートもありますよ。

京都の嵐山・上野公園の不忍池・「世界かんがい施設遺産」として登録された、常盤湖でも
ボートの乗ると別れるジンクスがあるそうですよ。

●こども動物園

ふれあい広場とも呼ばれ、餌やりやふれあい体験ができます。

ヤギ・ひつじ・うさぎ・モルモットなどがいて、時間は決まってますが、
餌をあげることができ、ふれあうことができます。

観覧時間は、午前9時~午後4時で、別途、入園料はかかりません。
ヤギとひつじの餌(えさ)料金は、100円です。

時間は、10:00・11:00・13:00・14:00の4回です。

ヤギやひつじは、かなり人間に慣れているのか、えさを持っていると、群がってくるので少し怖いです。
けがをすることはありませんが、子どもが小さいと少し注意が必要ですね。

 ●植物園

動物園の開園よりも先の、1937年(昭和12年)3月3日に開園しました。
植物園内の大温室の前館は開園当時のもので、現存する温室では日本最古です。

当時は「東洋一の水晶宮」と呼ばれました。

2006年(平成18年)12月には重要文化財となりました。
また、前館内には開園当時に植えられたヤシなど十数種が現存しています。

特に春と秋には多種多様のバラが咲き乱れます。
季節によって、いろいろな種類のお花が楽しめます。

初春には、隣接する「桜の回廊」で、100種類、1000本もの多種多様な桜が咲き誇ります。
また、こども動物園に隣接するバラ園では、四季折々の様々なバラが楽しめます。

●遊園地

東山動物園には、遊園地もあります。

東山動物園の遊園地では、16種類のアトラクションがあります。
料金は大人子供に関係なく、事前にのりもの券のチケットを購入します。

のりもの回数券は、110円の11枚つづりで1100円。

2・3才の子どもでも乗れるものがたくさんあり、親も同伴になるので、
チケットを何度も買い足すことになります。

小さい子ども用とはいえ、大人でも、かなり楽しめます。
あとで、知ったのですが、フリーパスがあったのです。

遊園地1DAYパスポート 2000円
発売日時 土日祝日の営業時間中
※未就学児が使用する場合は付添者1名は無料、付添者の交代も自由になります。